現代の新たなヒーローか?空き家再生集団〝空き家レンジャー〟が目指すもの

小学館「DIME」寄稿記事がグノシーに転載されました。

湘南に、ボランティアで空き家を再生する団体がいるという。その名も「空き家レンジャー」だ。ある時は、古民家をシェアハウスに。ある時は、社員寮をものづくり工房として再生させた。その生みの親である、加藤太一さんに空き家レンジャーの全貌について話を聞いた。

全文はこちらより

Related Entry

かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地にな...

シュタイナー教育のプロが教える「イヤイヤ期」「勉強嫌い」の子...

ビールメーカーで普通のOLをしていた私がパーソナルトレーナー...

平日は会社員、週末はカフェオーナー、デュアルワークだからこそ...

知らなきゃ恥!達人が解説するキャンプ場の選び方とNG行動

【海外で輝く人】「ホウレンソウって何?」文化の異なるカンボジ...