ビールメーカーで普通のOLをしていた私がパーソナルトレーナーになった理由

小学館「DIME」で記事が配信されました。

「起業」は飛び抜けて優れた人や特別な人がするもので、自分とは関係がないと思うかもしれない。しかし、起業はただの手段であり、誰もが選択できるものだ。自らの夢を実現するために起業という道を選んだ「起業人」を紹介する。

東京都大森で「本命ボディメイクスタジオ」を運営している清水マリさん。大手ビールメーカーの研究開発職から、パーソナルトレーナーに転身した。トレーニングはもちろん、時に恋愛相談を受けたりと、多方面から受講生のサポートをしている。ごく普通のOLがどうして起業人になったのか。

記事全文はこちらより。

グノシーに転載されました。

Related Entry

【仕事の裏側】ドン・キホーテ店長・村越大輔さん「自分を試すた...

5人に1人が経営者!?湘南にクリエイティブな人材が集まる理由

かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地にな...

コラビット様社員インタビュー

「医師の道をあきらめてレッドカーペットのバックステージを選ん...

【海外で輝く人】「ホウレンソウって何?」文化の異なるカンボジ...