まるでキャンプ場!?横浜DeNAベイスターズがコワーキングスペースの運営を始めた理由

フリーランスやリモートワーカーの増加に伴い、コワーキングスペースの人気が高まっている。保育サービス付きやビール飲み放題など、特徴は様々だ。今回潜入したシェアオフィス&コワーキングスペース「CREATIVE SPORTS LAB」は、アウトドアチェアや薪、テントまである。仕事場というより室内キャンプ場のようだ。実は、プロ野球球団が運営している。なぜ野球球団がシェアオフィス&コワーキングスペースを作ったのか、その狙いなどについて、横浜DeNAベイスターズ経営・IT戦略部の矢野さんに話を聞いた。

全文はこちらより。

小学館「@DIME」寄稿記事です。

Related Entry

5人に1人が経営者!?湘南にクリエイティブな人材が集まる理由

【海外で輝く人】50か国以上を巡り、ビジネスの種を蒔くプロモ...

平日は会社員、週末はカフェオーナー、デュアルワークだからこそ...

【海外で輝く人】大企業の安定を捨て、途上国の貧困層が稼ぐ仕組...

球団史上最速で観客動員数100万人を達成!横浜DeNAベイス...

1歳9ヶ月の子供とコワーキングスペースマフィス横浜元町に行っ...