まるでキャンプ場!?横浜DeNAベイスターズがコワーキングスペースの運営を始めた理由

フリーランスやリモートワーカーの増加に伴い、コワーキングスペースの人気が高まっている。保育サービス付きやビール飲み放題など、特徴は様々だ。今回潜入したシェアオフィス&コワーキングスペース「CREATIVE SPORTS LAB」は、アウトドアチェアや薪、テントまである。仕事場というより室内キャンプ場のようだ。実は、プロ野球球団が運営している。なぜ野球球団がシェアオフィス&コワーキングスペースを作ったのか、その狙いなどについて、横浜DeNAベイスターズ経営・IT戦略部の矢野さんに話を聞いた。

全文はこちらより。

小学館「@DIME」寄稿記事です。

Related Entry

全国200か所以上のシェアオフィスが使い放題の「オフィスパス...

鎌倉・逗子・葉山で仕事ができるカフェ(Wi-Fi、無料駐車場...

シュタイナー教育のプロが教える「イヤイヤ期」「勉強嫌い」の子...

ベイスターズが運営するコワーキングスペース「creative...

【DIME】JR横浜駅構内にオープンした「エキュートエディシ...

【海外で輝く人】コネなし英語力なし経験なし!サーファーが年商...