シュタイナー教育のプロが教える「イヤイヤ期」「勉強嫌い」の子どもとの接し方

小学館「DIME」の記事がグノシーに掲載されました。

「ご飯を食べてくれない」「何でもイヤと言う」「自分の子育ては合っているのか」「宿題をしないので怒ってばかりいる」など、子育てをしている限り、悩みや不安は尽きない。日本、ドイツ、イギリス、アメリカでシュタイナー教育に携わり、日本で唯一のシュタイナー教育教材を発行する石川華代さんに、子供との付き合い方について話を聞いた。

全文はこちらより

子育てをしている方にはぜひ読んでいただきたい!

日本語で唯一のシュタイナー教育教材を発行している石川華代さんにインタビューさせていただきました。

ちょうどこの頃、1歳10カ月の息子のイヤイヤがひどくて…

一度の食事で二度と三度ごはんを投げるので、食事の時間が憂鬱で…

『ダメって言ってるでしょ!』
と毎日子供を叱りつける自分が嫌で…

大好きなアンパンマンの食器を買ってみたり
好物ばかりだしてみたり

ぜーんぜんきかず。

正解が分からず、毎日しくしくメソメソ泣いてました。

だけど石川さんのお話を聞いて、子供を観察してみたところ…

わたしが隣にいて一緒にごはんを食べてるときは投げない。

席を外して片付けをし出すと投げる。

片付けはあきらめて、
息子が食べ終わるのをそばで見届けるようになったら、一切食べものを投げなくなりました。

まだ子育て始まったばかりですが、かなり大きな気付きでした。

子育てに正解はないですが、ヒントにはなると思うので、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

Related Entry

【海外で輝く人】TOEIC360点の英語嫌いがバンコクで敏腕...

【海外で輝く人】パリファッションウィークで仕事をするのが夢で...

【仕事の裏側】ドン・キホーテ店長・村越大輔さん「自分を試すた...

【海外で輝く人】「プライベートをなくす働き方はしたくない」フ...

ビールメーカーで普通のOLをしていた私がパーソナルトレーナー...

かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地にな...