1歳9ヶ月の子供とコワーキングスペースマフィス横浜元町に行ってみた

フリーランス、育休中、在宅勤務のママ、パパの悩みといえば、「子供と一緒に仕事ができる場所がない」ことではないだろうか。今回は、1歳9ヶ月の息子を連れて、横浜にある保育室付きのコワーキングスペース「マフィス横濱元町」にドロップインで行ってみた。

保育園に預けずに、幼稚園までは一緒にいたい。だけど仕事はしたい。

働き方が見直される今、自由な働き方をする人が増えています。

コワーキングスペース、シェアオフィス、仕事がしやすい場所は増えているのにもかかわらず、子供と一緒に仕事ができる場所は極めて少ないのが現実です。

一時保育は人気故に、予約開始と同時にあっという間に予約でいっぱいになってしまいます。

カフェだと子供が飽きて30分も持たない。

そんな時、活用したいのが、保育室付きのコワーキングスペース。今回は、マフィス横濱元町にお邪魔しました。

「マフィス横濱元町」とは

内閣府所管の企業主導型保育事業施設。保育機能付きのシェアオフィス・コワーキングスペースです。

マフィスは、ママの「はたらく」を応援するシェアオフィスです。
保育スタッフがお子さまを大切にお預かりしますので、
好きなときに、好きなだけご自身のコトに打ち込めます。
子ども、仕事、家庭、自分。
どれもあきらめない生き方ができるように、
一人で頑張りすぎなくていいように、
ママが欲張りつづけるための居場所でありたいと考えます。


マフィスHPより

みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩2分。元町商店街から一般入ったところにあります。外観はグリーンに覆われていた、とってもおしゃれ!

ドアは子供が勝手に外に出ないよう、中から解錠ボタンを押してもらわないと入れないようになっています。

中に入るとまず受付が。受付の方がにこやかに出迎えてくれます。

本来なら利用日前日に登録をしに来ないといけないのですが、私は利用日前日の予約だったため、当日利用前に登録させてもらえました。

子供の様子やアレルギーなど、子供の情報を記入。

0歳は1階の一番広いスペース、1歳と2歳は2階のスペースとなります。後ほど確認すると、1歳は0歳児のスペースでも保育可能とのこと。

息子は私が受付をしている最中、待ちきれず0歳児のスペースに入っておもちゃで遊んでいました。

11時から給食の時間です。

園内で調理する給食は、「子どもの味覚の育て方」講座やメディアでの連載を持つフードアナリスト・とけいじ千絵さんに監修いただき、五味・旬を意識した「味覚を育てる給食」をご提供いたします。

マフィスHPより

とのことで、給食はこだわっているようです。

息子は卵、牛乳、バナナ、小麦のアレルギーがあります。
(軽度すぎて、アレルギー検査をするまで気づかないほど)

医師からも、「軽度のため、今後も摂取するように」と勧めがあったと予約の際に伝えておくと、「マフィスでは医師の勧めであっても、提供できないので除去食を用意しておきます」と返信がありました。

除去食と聞くと美味しくなさそうに感じてしまいますが、運ばれてきた給食はみんな美味しそうでした。

ワーキングスペースは決して広くない

シェアオフィス・コワーキングスペース部分は、良くいえばアットホーム、悪く言えばこじんまり。デスクは7席しかないので、埋まってしまうことはないのかと不安になります。

北参道オフィスはもっと広いようです。

しかし、デスク自体は広々としており、隣の席との仕切りもあるので、自分の世界に入れます。

ラウンジには、コーヒーやウォーターサーバーがあり、すべて無料なのが嬉しい。Nespressoなので、カフェラテからデカフェまで様々楽しむことができます。

もちろんWi-Fiとコンセント完備です。

ラウンジはありますが、会員の方かスタッフの方がちょこちょこ雑談していました。大きな声よりもヒソヒソ声の方が耳に入ってくるのが不思議。

子供をすぐそばで感じられる

「マフィス良さそう!!」と、私が一番魅力を感じた部分が、子供のそばで仕事ができるというところ。

部屋は別なので、壁一枚隔ててですが。

しかし、身近に感じられすぎて、最初の一時間は全く集中できませんでした。

初めての場所、初めての人に、完全にホームシックになってしまった息子。一緒にいた時はニコニコしていたものの、私が部屋から出て行った瞬間から号泣が始まり、1時間泣き続けました。

シェアオフィスから聞こえるその声に、なんだか罪悪感を感じるとともに、オフィスの利用者に申し訳ない気持ちでいっぱい。

「最初だから仕方ない!」と割り切ろうとするも、やはり気になって息子が寝るまでの1時間はちょっと、全然集中できませんでした。

今通っている一時保育でも、最初は泣き続けたようですが、3回目から慣れてバイバイしながらお別れできるようになったので、マフィスでも回数を重ねれば問題ないかと思います。

しかし、同時に「初めての子が多い日は大変だろうな」とも感じました。

「子供のそばで仕事をする」というのは、それもこれもひっくるめてなんだな。と改めて実感。

料金

さすが子供付きということもあり、定期利用、ドロップイン、セレクトプランなど、様々な使い方ができます。ドロップインができるのは嬉しい。

https://www.maffice.com/yokohama/yokohama_price/

今回は、体験ということで、保育料とデスク利用料が1時間1080円(税込)と、給食費が540円(税込)、3時間で3620円でした。

体験料金ということもありますが、コワーキングスペースの利用と、同じ場所での保育サービスありでこの値段はお安いと思います。

まとめ

給食も健康面でとってもこだわっているようですし、施設も明るく綺麗。保育士さんやスタッフの方はみんなフレンドリーで丁寧。

子供を預けて1分後には仕事ができる状態に入られるのは嬉しい。

私の場合も、子供が場所に慣れて泣きやんでからは、しっかり集中できました。

いつもの保育園で一時保育の予約が取れなかった際は、またドロップインで利用しようかと思います。

ちなみに、ママだけでなく、パパもいました!男性の方も是非。

Related Entry

まるでキャンプ場!?横浜DeNAベイスターズがコワーキングス...

【ドロップイン有】横浜のコワーキングスペース8選

鎌倉・逗子・葉山で仕事ができるカフェ(Wi-Fi、無料駐車場...

ベイスターズが運営するコワーキングスペース「creative...

全国200か所以上のシェアオフィスが使い放題の「オフィスパス...

「BIZ comfort横浜元町」ドロップイン利用してみた