全国200か所以上のシェアオフィスが使い放題の「オフィスパス」、フリーライターが使って感じたメリットとデメリット

副業やテレワークを奨励する企業やフリーランスの増加に伴い、シェアオフィス・コワーキングスペースのニーズが高まっている。そこで今人気なのが、月額15,258円(税込)で、全国のシェアオフィス200箇所以上を利用できる「オフィスパス」だ。個人の事務所を持たず、移動先で仕事をすることの多いフリーランサーとして、実際にオフィスパスを利用して感じたメリットとデメリットを紹介しよう。

寄稿記事全文は小学館「@DIME」より。

横浜、逗子のコワーキングスペースは、別の記事でも紹介しています。

【ドロップイン有】横浜のコワーキングスペース7選
逗子のコワーキングスペース ドロップイン、駅近など4選

Related Entry

かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地にな...

【海外で輝く人】海外での出産・育児を経て、シュタイナー教育の...

逗子のコワーキングスペース ドロップイン、駅近など4選

同性パートナーシップ制度はなぜ必要?LGBTが安心して働き、...

【仕事の裏側】箱根強羅温泉 季の湯 雪月花・尾崎益代さん「営...

シュタイナー教育のプロが教える「イヤイヤ期」「勉強嫌い」の子...