【海外で輝く人】「プライベートをなくす働き方はしたくない」フランスで活躍するコーチになるまで

小学館「DIME」で記事が配信されました。

「20代は仕事に打ち込んで、30代は好きなことをして生きると決めた」そう話すのは、メレ安芸さん。フランスにいながら、世界各国に800人以上のクライアントを持つメンタルコーチだ。しかし、これまでの道のりは平坦ではなかった。日本を飛び出した先で待っていた試練と挫折とは。

全文はこちらより。

Yahoo!ニュースに転載されました。

グノシーに転載されました。

Related Entry

【海外で輝く人】「ホウレンソウって何?」文化の異なるカンボジ...

かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地にな...

【海外で輝く人】50か国以上を巡り、ビジネスの種を蒔くプロモ...

【仕事の裏側】箱根強羅温泉 季の湯 雪月花・尾崎益代さん「営...

【海外で輝く人】大企業の安定を捨て、途上国の貧困層が稼ぐ仕組...

ビールメーカーで普通のOLをしていた私がパーソナルトレーナー...