【海外で輝く人】「プライベートをなくす働き方はしたくない」フランスで活躍するコーチになるまで

小学館「DIME」で記事が配信されました。

「20代は仕事に打ち込んで、30代は好きなことをして生きると決めた」そう話すのは、メレ安芸さん。フランスにいながら、世界各国に800人以上のクライアントを持つメンタルコーチだ。しかし、これまでの道のりは平坦ではなかった。日本を飛び出した先で待っていた試練と挫折とは。

全文はこちらより。

Yahoo!ニュースに転載されました。

グノシーに転載されました。

Related Entry

現代の新たなヒーローか?空き家再生集団〝空き家レンジャー〟が...

【海外で輝く人】海外での出産・育児を経て、シュタイナー教育の...

シュタイナー教育のプロが教える「イヤイヤ期」「勉強嫌い」の子...

コミュニケーションが苦手で内向的だった私が起業した理由

同性パートナーシップ制度はなぜ必要?LGBTが安心して働き、...

5人に1人が経営者!?湘南にクリエイティブな人材が集まる理由