【海外で輝く人】「プライベートをなくす働き方はしたくない」フランスで活躍するコーチになるまで

小学館「DIME」で記事が配信されました。

「20代は仕事に打ち込んで、30代は好きなことをして生きると決めた」そう話すのは、メレ安芸さん。フランスにいながら、世界各国に800人以上のクライアントを持つメンタルコーチだ。しかし、これまでの道のりは平坦ではなかった。日本を飛び出した先で待っていた試練と挫折とは。

全文はこちらより。

Yahoo!ニュースに転載されました。

グノシーに転載されました。

Related Entry

平日は会社員、週末はカフェオーナー、デュアルワークだからこそ...

【海外で輝く人】「ホウレンソウって何?」文化の異なるカンボジ...

ビールメーカーで普通のOLをしていた私がパーソナルトレーナー...

5人に1人が経営者!?湘南にクリエイティブな人材が集まる理由

同性パートナーシップ制度はなぜ必要?LGBTが安心して働き、...

【海外で輝く人】海外での出産・育児を経て、シュタイナー教育の...