【海外で輝く人】パリファッションウィークで仕事をするのが夢でした

小学館「DIME」で記事が配信されました。

フランスで年に4回開催される「パリ ファッションウィーク」。イヴ・サンローランやトムブラウンなど、一流ブランドの展示会場で、世界中から集まったバイヤーの対応をする日本人がいる。フランス語がロクに話せなかった彼女が、どうやって「夢の仕事」に就くことができたのか。

記事全文はこちらから

Related Entry

同性パートナーシップ制度はなぜ必要?LGBTが安心して働き、...

ビールメーカーで普通のOLをしていた私がパーソナルトレーナー...

平日は会社員、週末はカフェオーナー、デュアルワークだからこそ...

【仕事の裏側】ドン・キホーテ店長・村越大輔さん「自分を試すた...

「共感覚」って知ってる?色を使って感情や印象をコントロールす...

【海外で輝く人】世界を一周した夫婦がセブ島で旅人のための語学...