同性パートナーシップ制度はなぜ必要?LGBTが安心して働き、暮らせる場所を作るために必要なもの

小学館「DIME」寄稿記事がグノシーに転載されました。

同性カップルを、結婚に相当する関係と認める「同性パートナーシップ制度」。2015年に渋谷区と世田谷区で導入され、現在20の自治体で導入されている。逗子市も昨年9月に同性パートナーシップを求める陳情が了承され、今年1月には、新市長も導入に前向きな姿勢を示した。逗子市にこの陳情書を提出した団体「レインボー逗子」の代表者に、LGBTの人々が直面する課題や、陳情が了承されるまでについて話を聞いた。

全文はこちらより

Related Entry

【DIME】怒濤の日々に追われるワンオペママ必読!今すぐ実践...

【海外で輝く人】海外での出産・育児を経て、シュタイナー教育の...

かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地にな...

【仕事の裏側】箱根強羅温泉 季の湯 雪月花・尾崎益代さん「営...

【DIME】【仕事の裏側】ショップジャパン バイヤー・マヤン...

【海外で輝く人】パリファッションウィークで仕事をするのが夢で...