同性パートナーシップ制度はなぜ必要?LGBTが安心して働き、暮らせる場所を作るために必要なもの

小学館「DIME」寄稿記事がグノシーに転載されました。

同性カップルを、結婚に相当する関係と認める「同性パートナーシップ制度」。2015年に渋谷区と世田谷区で導入され、現在20の自治体で導入されている。逗子市も昨年9月に同性パートナーシップを求める陳情が了承され、今年1月には、新市長も導入に前向きな姿勢を示した。逗子市にこの陳情書を提出した団体「レインボー逗子」の代表者に、LGBTの人々が直面する課題や、陳情が了承されるまでについて話を聞いた。

全文はこちらより

Related Entry

【海外で輝く人】コネなし英語力なし経験なし!サーファーが年商...

【海外で輝く人】TOEIC360点の英語嫌いがバンコクで敏腕...

【海外で輝く人】大企業の安定を捨て、途上国の貧困層が稼ぐ仕組...

2歳の子どもを持つワーママが家事代行サービスを利用してみて気...

現代の新たなヒーローか?空き家再生集団〝空き家レンジャー〟が...

平日は会社員、週末はカフェオーナー、デュアルワークだからこそ...