【仕事の裏側】箱根強羅温泉 季の湯 雪月花・尾崎益代さん「営業ウーマンから温泉宿の女将に転身した理由」

小学館「@DIME」寄稿記事が配信されました。

気になる”あの仕事”に就く人に、仕事の裏側について聞く連載企画。第3回は、箱根の温泉宿「箱根強羅温泉 季の湯 雪月花」(以下「雪月花」)の女将尾崎益代さんの仕事について。雪月花は、日本全国でリゾートホテル事業を行う共立リゾートが運営する温泉宿。箱根には、雪月花の他に3店舗。「箱根小涌谷温泉 水の音」、「箱根湯本温泉 月の宿 紗ら」、「強羅温泉 雪月花別邸 翠雲」。尾崎さんは箱根エリアにある4店舗の女将をしている。実は元々はリゾート事業部の営業ウーマン。雪月花がオープンする際に、女将として抜擢されたという異色の経歴の持ち主。スーツを脱いで着物に。全くの畑違いのように感じるが、戸惑いはなかったのだろうか。

記事全文は下記より。

https://dime.jp/genre/821158/

Related Entry

2歳の子どもを持つワーママが家事代行サービスを利用してみて気...

【仕事の裏側】ドン・キホーテ店長・村越大輔さん「自分を試すた...

【海外で輝く人】TOEIC360点の英語嫌いがバンコクで敏腕...

怒濤の日々に追われるワンオペママ必読!今すぐ実践できる「自由...

全国200か所以上のシェアオフィスが使い放題の「オフィスパス...

かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地にな...