【仕事の裏側】箱根強羅温泉 季の湯 雪月花・尾崎益代さん「営業ウーマンから温泉宿の女将に転身した理由」

小学館「@DIME」寄稿記事が配信されました。

気になる”あの仕事”に就く人に、仕事の裏側について聞く連載企画。第3回は、箱根の温泉宿「箱根強羅温泉 季の湯 雪月花」(以下「雪月花」)の女将尾崎益代さんの仕事について。雪月花は、日本全国でリゾートホテル事業を行う共立リゾートが運営する温泉宿。箱根には、雪月花の他に3店舗。「箱根小涌谷温泉 水の音」、「箱根湯本温泉 月の宿 紗ら」、「強羅温泉 雪月花別邸 翠雲」。尾崎さんは箱根エリアにある4店舗の女将をしている。実は元々はリゾート事業部の営業ウーマン。雪月花がオープンする際に、女将として抜擢されたという異色の経歴の持ち主。スーツを脱いで着物に。全くの畑違いのように感じるが、戸惑いはなかったのだろうか。

記事全文は下記より。

https://dime.jp/genre/821158/

Related Entry

【海外で輝く人】コネなし英語力なし経験なし!サーファーが年商...

【海外で輝く人】50か国以上を巡り、ビジネスの種を蒔くプロモ...

【DIME】影響が出始めるのは6月末?目が離せない緊急事態宣...

【DIME】PRの力で年商を5年で115倍に!エアウィーヴの...

コミュニケーションが苦手で内向的だった私が起業した理由

【DIME】保存料や人工添加物は不使用!AIがセレクトするお...