かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地になるまで

生まれも育ちも横浜です。先日、子供を保育園まで送り、仕事をするカフェを探していた時に偶然見かけたカフェ「Tinys」。
ここは、かつて「赤線」と呼ばれた風俗街でしたが、すっかり生まれ変わっていました。

京浜急行電鉄と一緒に、このエリアの再活性化とリブランディングを図るYADOKARI株式会社の川口直人さんに話を聞きました!

全文はDIMEより。

大好きな横浜が、さらに魅力的になるのはとってもうれしい!

Related Entry

【海外で輝く人】「プライベートをなくす働き方はしたくない」フ...

平日は会社員、週末はカフェオーナー、デュアルワークだからこそ...

5人に1人が経営者!?湘南にクリエイティブな人材が集まる理由

【仕事の裏側】ドン・キホーテ店長・村越大輔さん「自分を試すた...

球団史上最速で観客動員数100万人を達成!横浜DeNAベイス...

「医師の道をあきらめてレッドカーペットのバックステージを選ん...