【海外で輝く人】50か国以上を巡り、ビジネスの種を蒔くプロモーターの「幸せの定義」

小学館「DIME」寄稿記事が配信されました。
学生起業で借金を背負うも完済し、毎年10件もの新規ビジネスを立ち上げる日本人がいる。魚野正貴さん28歳だ。海外に全く興味がなかったという彼が、どうして世界中を職場とするプロモーターになったのか。

全文はこちらより

Related Entry

5人に1人が経営者!?湘南にクリエイティブな人材が集まる理由

「医師の道をあきらめてレッドカーペットのバックステージを選ん...

同性パートナーシップ制度はなぜ必要?LGBTが安心して働き、...

球団史上最速で観客動員数100万人を達成!横浜DeNAベイス...

かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地にな...

【海外で輝く人】海外での出産・育児を経て、シュタイナー教育の...