【海外で輝く人】50か国以上を巡り、ビジネスの種を蒔くプロモーターの「幸せの定義」

小学館「DIME」寄稿記事が配信されました。
学生起業で借金を背負うも完済し、毎年10件もの新規ビジネスを立ち上げる日本人がいる。魚野正貴さん28歳だ。海外に全く興味がなかったという彼が、どうして世界中を職場とするプロモーターになったのか。

全文はこちらより

Related Entry

【海外で輝く人】大企業の安定を捨て、途上国の貧困層が稼ぐ仕組...

知らなきゃ恥!達人が解説するキャンプ場の選び方とNG行動

かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地にな...

コミュニケーションが苦手で内向的だった私が起業した理由

まるでキャンプ場!?横浜DeNAベイスターズがコワーキングス...

怒濤の日々に追われるワンオペママ必読!今すぐ実践できる「自由...