【海外で輝く人】TOEIC360点の英語嫌いがバンコクで敏腕営業マンになるまで

小学館「DIME」寄稿記事がグノシーに転載されました。

「海外で働きたい」と思っていても、実際行動に移せる人は決して多くはない。「安定を捨てるのが怖い」「最低3年は働かなくては」「お金がない」、海外への夢を諦める理由はさまざまだ。今回は、安定を捨て、海外で働く夢を実現した吉澤勇斗さんに話を聞いた。TOEICのスコアを360点から840点に上げ、楽天株式会社に入社するも2年で退社。現在は、バンコクにAPAC統括オフィスがあるウェブサービスの会社で年間数億円の売上をつくる敏腕営業マンだ。

全文はこちらより。

Related Entry

かつて赤線と呼ばれた横浜の風俗街が新しい街づくりの発信地にな...

【海外で輝く人】「プライベートをなくす働き方はしたくない」フ...

【海外で輝く人】海外での出産・育児を経て、シュタイナー教育の...

【海外で輝く人】大企業の安定を捨て、途上国の貧困層が稼ぐ仕組...

2歳の子どもを持つワーママが家事代行サービスを利用してみて気...

【海外で輝く人】50か国以上を巡り、ビジネスの種を蒔くプロモ...