【海外で輝く人】TOEIC360点の英語嫌いがバンコクで敏腕営業マンになるまで

小学館「DIME」寄稿記事がグノシーに転載されました。

「海外で働きたい」と思っていても、実際行動に移せる人は決して多くはない。「安定を捨てるのが怖い」「最低3年は働かなくては」「お金がない」、海外への夢を諦める理由はさまざまだ。今回は、安定を捨て、海外で働く夢を実現した吉澤勇斗さんに話を聞いた。TOEICのスコアを360点から840点に上げ、楽天株式会社に入社するも2年で退社。現在は、バンコクにAPAC統括オフィスがあるウェブサービスの会社で年間数億円の売上をつくる敏腕営業マンだ。

全文はこちらより。

Related Entry

平日は会社員、週末はカフェオーナー、デュアルワークだからこそ...

ビールメーカーで普通のOLをしていた私がパーソナルトレーナー...

【DIME】影響が出始めるのは6月末?目が離せない緊急事態宣...

コミュニケーションが苦手で内向的だった私が起業した理由

【DIME】表現力やコミュ力がアップするきっかけになる!?W...

【海外で輝く人】パリファッションウィークで仕事をするのが夢で...